脳血管障害

脳血管障害で一般的によく知られているのは「脳卒中」だと思います。脳卒中とは、突然起こる脳血管障害のことで、出血性と梗塞性があります。出血性の脳血管障害にはクモ膜下出血、脳内出血があり、後遺症が残ったり、時には生命の危険を伴う深刻な病気です。閉塞性の脳血管障害には脳梗塞(脳血栓)、脳塞栓があり、老化や生活習慣、糖尿病・高血圧・高脂血症などの生活習慣病が関係しているといわれています。



脳血管障害として、最も一般的なものは「脳卒中」でしょう。脳卒中とは、突然起こる脳血管の障害のことで、出血性と梗塞性のものがあります。出血性の脳血管障害としては、クモ膜下出血、脳内出血があります。どちらも最悪のケースでは、命を失ったり、後遺症が残る危険な病気です。一方、閉塞性の脳血管障害には脳梗塞(脳血栓)、脳塞栓があります。加齢や、飲酒・喫煙・運動不足などの生活習慣、生活習慣病(糖尿病・高血圧・高脂血症など)が危険因子といわれています。



脳血管障害には、出血性病変と梗塞性病変があります。出血性の脳血管障害には、クモ膜下出血、脳内出血があり、いずれも重症例では、命の危険を伴ったり、植物状態や半身不随などの重篤な後遺症が残る深刻な病気です。閉塞性の脳血管障害には脳梗塞(脳血栓)、脳塞栓があります。老齢化や、生活習慣(飲酒・喫煙・運動不足など)、生活習慣病(糖尿病・高血圧・高脂血症など)が原因といわれています。



脳血管障害というと、昔から一般的には「脳卒中」という言葉がよく使われてきました。脳血管障害は突然起こる脳の病気で、出血性と梗塞性の二つがあります。出血性にはクモ膜下出血、脳内出血がありますが、どちらも重症の場合、死亡したり、半身不随などの後遺症が残る重大な病気です。閉塞性には脳梗塞(脳血栓)、脳塞栓がありますが、原因は加齢や生活習慣、糖尿病・高血圧・高脂血症などの生活習慣病といわれています。



脳血管障害は、「脳卒中」という言葉で昔からよく使われてきました。脳血管障害は突然起こる脳の病気です。脳血管障害には出血性と梗塞性があります。出血性にはクモ膜下出血、脳内出血がありますが、どちらも重い場合、命を落としたり、また、半身不随や植物状態などの後遺症が残る大変深刻な病気です。閉塞性には脳梗塞(脳血栓)、脳塞栓がありますが、加齢や飲酒、運動不足、喫煙、生活習慣病(糖尿病・高血圧・高脂血症など)が原因といわれています。

脳血管障害の症状

脳血管障害の症状の表れ方は、脳疾患の原因が脳血管障害、脳腫瘍、脳挫傷のどれであっても、障害を受けた脳の部分によって決まります。「意識障害」は、意識の統合を行っている脳幹部だけが障害された場合にも、脳全体が障害された場合にも起こります。意識障害の程度は、「朦朧状態」から「傾眠状態」、「昏睡状態」までさまざまあります。「片麻痺」は、一般によく耳にする「半身不随」という言葉の臨床的な呼び名です。脳が障害を受けると、延髄で神経が交差するため、左の脳の障害では「右片麻痺」、右の脳の障害では「左片麻痺」となります。なお、脊髄が障害を受けると両手あるいは両足が麻痺を起こすことになります。「言語障害」は、ろれつがまわらない「構音障害」と、言葉そのものが理解できない「失語症」に大きく分かれます。構音障害の場合はゆっくり話せば、言っていることはどうにかわかりますが、失語症の場合は、「あ〜」とか「う〜」とかいうだけなので、認知症の人と間違われることがあります。しかし、身振りや頷いてもらったりして、対話することは可能なので、注意深く観察する必要があります。



脳血管障害の症状は、脳のどの部位が障害を受けたかによって決まります。「意識障害」は、意識の統合の働きをしている脳幹部だけが障害を受けた場合や、脳全体が障害を受けた場合に起こります。意識障害の程度は、朦朧状態、傾眠状態、昏睡状態までさまざまな段階があります。「片麻痺」は一般によく言われる「半身不随」のことです。脳障害が起きると、延髄で神経が交差するので、左の脳障害では「右片麻痺」、右の脳障害では「左片麻痺」になります。脊髄が障害を受けた場合は、両手または両足が麻痺を起こします。「言語障害」には、ろれつがまわらない「構音障害」と、言葉そのものが理解できない「失語症」の二つがあります。構音障害の場合はゆっくり話すことで、どうにか意味はわかりますが、失語症では、「あ〜」とか「う〜」とかしか言えないため、認知症に間違われることがあります。失語症の場合は、身振りや頷いてもらうことで、意思の疎通は可能なので、注意深く観察しましょう。



脳血管障害の症状は、原因が脳血管障害、脳腫瘍、脳挫傷のいずれの場合も、障害を受けた脳の部位で決まってきます。「意識障害」は、脳幹部だけが障害された場合にも、脳全体に障害が及んだ場合のどちらでも起こります。意識障害の段階は、「朦朧状態」から「傾眠状態」、「昏睡状態」までさまざまな状態があります。「片麻痺」は、一般によく耳にする「半身不随」のことです。延髄で神経が交差するので、左の脳が障害を受けると「右片麻痺」、右の脳が障害を受けると「左片麻痺」になります。なお、脊髄が障害を受けた場合は、両方の手あるいは両足が麻痺を起こします。「言語障害」は、ろれつがまわらない「構音障害」と、発している言葉がよくわからない「失語症」に分かれます。構音障害の場合はゆっくり話せば、意味はどうにかわかりますが、失語症では、「あ〜」とか「う〜」とかいうだけなので、認知症と勘違いされることがありますので、注意深く観察する必要があります。



脳血管障害の症状は、障害を受けた脳の場所によって決まります。脳幹部や脳全体が障害された場合は「意識障害」が起こります。意識障害には、「朦朧状態」から「傾眠状態」、「昏睡状態」までさまざまな程度があります。「片麻痺」は、一般によくいう「半身不随」のことです。脳が障害を受けると、左の脳の場合は「右片麻痺」、右の脳の場合は「左片麻痺」となります。脊髄が障害を受けた場合は、両手あるいは両足が麻痺を起こすことになります。「言語障害」は、ろれつがまわらない「構音障害」と、言っている言葉そのものが理解できない「失語症」があります。構音障害の場合はゆっくり話せば、言っていることは何とかわかりますが、失語症の場合は、「あ〜」とか「う〜」とかいうだけのため、認知症の人と勘違いされることがあります。しかし、失語症は、身振りや頷いてもらったりすることで、対話することができるので、注意深く観察することが大事です。



脳のどの場所が障害を受けたかによって脳血管障害の症状は決まります。「意識障害」が起こるのは、脳幹部や脳全体が障害された場合です。意識障害の状態としては、「朦朧状態」から「傾眠状態」、「昏睡状態」までさまざまあります。「片麻痺」は、一般によくいう「半身不随」のことで、脳が障害を受けると、左の脳の場合は「右片麻痺」、右の脳の場合は「左片麻痺」が起こります。「言語障害」は、ろれつがまわらなくなる「構音障害」と、言っている言葉がよく理解できない「失語症」の二通りがあります。構音障害の場合はゆっくり話せば、言っている意味は何とか伝わりますが、失語症の場合は、「あ〜」とか「う〜」とかいうだけなので、認知症の人と誤解されることがあります。失語症の場合は、身振りや頷いたりすることで、対話ができるので、注意して観察することが大切です。

脳血管障害の治療

脳血管障害の治療は、大きく分けると外科的治療と内科的治療になりますが、最近はその中間のカテーテルを用いた血管内治療も増えています。「外科的治療」は、脳出血のような出血性病変に対して、基本的には開頭・血腫除去術により、脳の中の血の固まりを取り去る治療を行います。もし脳血管障害の原因が脳動脈瘤の破裂であれば、動脈瘤をクリッピングして出血を止めるようにすることも必要です。「内科的治療」は、小さい脳出血やほとんどの脳梗塞の場合、薬物療法を主体とした内科的治療が行われます。「全身管理」は、脳血管障害を起こす危険因子といわれる、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病の治療や意識障害患者の呼吸管理の治療を行います。「リハビリテーション」は、最近では急性期から積極的にリハビリテーションを行うようになりました。しかし、多くの場合、さまざまな治療やリハビリテーションを行っても、神経の後遺症が完全に回復することはありません。



脳血管障害の治療は、外科的治療と内科的治療に大きく分けることができます。「外科的治療」は、脳出血のような出血性病変に対して開頭・血腫除去術により、脳の中の血腫を取り除く治療です。脳血管障害の原因が脳動脈瘤の破裂の場合は、動脈瘤をクリッピングして出血を止めることも必要です。「内科的治療」は、軽い脳出血や大部分の脳梗塞の場合、主に薬物による内科的治療が行われます。「全身管理」としては、脳血管障害の危険因子といわれる、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病の治療や意識障害患者の呼吸管理の治療が行われます。「リハビリテーション」は、最近では従来と異なり、急性期から積極的にリハビリテーションが行われるようになりました。しかし、多くの場合、各種の治療やリハビリテーションを行っても、完全に神経の後遺症が回復することはありません。



脳血管障害の治療は、大きく外科的治療と内科的治療に分けられます。しかし、最近はカテーテルを使った血管内治療も増えています。「外科的治療」は、脳出血のような出血性の病態に対して、基本的には開頭・血腫除去術を行う治療法です。もし脳動脈瘤の破裂が脳血管障害の原因がであれば、その動脈瘤をクリッピングして出血を止める治療が必要です。小さい脳出血やほとんどの脳梗塞の場合は薬物療法を主体とした「内科的治療」が行われます。「全身管理」では、脳血管障害の一因といわれる、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病の治療や意識障害患者の呼吸不全を予防する呼吸管理の治療を行います。「リハビリテーション」は、従来と違い最近では急性期から積極的にリハビリテーションを行うようになりました。しかしながら、大抵の場合、いろんな治療やリハビリテーションを行っても、神経の後遺症が完全に治ることはありません。



脳血管障害の治療としては、外科的治療と内科的治療に大きく分けられます。これ以外に、最近ではカテーテルを用いた血管内治療も増えてきています。「外科的治療」は、脳出血のような出血性の障害に対して、開頭・血腫除去術により、脳内の血腫を取り去る治療を行うものです。もし脳動脈瘤の破裂による脳血管障害であれば、動脈瘤をクリッピングして出血を止める治療も必要です。「内科的治療」は、軽い脳出血やほとんどの脳梗塞の場合、薬物療法による内科的治療が行われます。「全身管理」は、脳血管障害を起こす危険因子として注目されている、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病を治療したり、意識障害患者の呼吸不全や肺炎を予防するため、呼吸管理の治療を行います。「リハビリテーション」は、最近では集中治療として急性期から積極的にリハビリテーションを行うようになりました。けれど、ほとんどの場合、いろいろな治療法やリハビリテーションを行っても、完全に神経の後遺症が回復することは望めません。



脳血管障害の治療としては、外科的治療と内科的治療があります。このほか、最近はカテーテルによる血管内治療も増加しています。「外科的治療」は、脳出血のような出血性の病変に対して、開頭・血腫除去術行うものです。もし脳動脈瘤の破裂からの脳血管障害であれば、出血を止めるため、その動脈瘤をクリッピングする治療も必要です。「内科的治療」は、小さい脳出血や大部分の脳梗塞の場合、薬物療法による内科的治療が行われます。「全身管理」は、脳血管障害を起こす危険因子といわれる、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病を治療したり、意識障害患者の呼吸不全などを防ぐため、呼吸を管理する治療を行います。「リハビリテーション」は、最近では急性期から集中治療として積極的にリハビリテーションを行うようになりました。でも、ほとんどの場合、どんな治療法やリハビリテーションを行っても、完全に神経の後遺症が回復することはできないのが現状です。

再発防止

脳出血や脳梗塞などの脳血管障害を起こした人は、再発の防止に注意が必要です。脳血管障害は再発すると重症化しやすく、死亡率も高くなるため、退院後も定期的に医師の検診を受けて、血圧やコレステロール値などをコントロールしなければなりません。塩分や動物性脂肪を控えた栄養バランスのよい食事と適度な運動を行い、肥満の解消に努めてください。お酒やタバコは控えましょう。休養は十分にとって、ストレスをため込まないようにしましょう。



脳血管障害で脳出血や脳梗塞などを起こした人は、再発の防止に注意を払う必要があります。脳血管障害は再発すると重篤化しやすく、死亡の確率も高くなるので、退院した後も医師に定期に診てもらい、血圧やコレステロール値などを管理しなければなりません。塩分や動物性脂肪を抑えた栄養バランスの優れた食事を摂り、適度な運動により、肥満を解消しましょう。お酒やタバコは控えて下さい。休養は十分にとり、ストレスを抱えないようにしましょう。



脳血管障害により脳出血や脳梗塞などを発症した人は、再発を防止するために細心の注意が必要です。脳血管障害は再発すると重症になりやすく、死亡の危険性も高くなります。退院後も定期的に医師に診察してもらい、血圧やコレステロールなどの正常化に努めなければなりません。塩分や動物性脂肪を控えた栄養面を考えた食事と、適度な運動をして肥満を解消することが大切です。お酒やタバコは控えましょう。休養を十分にとって、ストレスをためないことも必要です。



脳出血や脳梗塞などの脳血管障害の病気をした人は、再発しないように十分な注意が必要となります。脳血管障害は再発した場合、重度化しやすく、死亡率も高くなるので、退院後も医師の定期的な検診を受けて、血圧やコレステロール値などを、きちんと管理することが大切です。栄養のバランスの優れた食事と適度な運動で、肥満を解消しましょう。お酒やタバコは控えて、十分休養をとり、ストレスをため込まないようにしてください。



脳出血や脳梗塞などの脳血管障害の疾病では、再発防止のための十分な注意が必要です。脳血管障害の場合、再発すると重度化しやすく、死亡率も高いので、退院後も定期的にきちんと医師の診察を受けて、血圧やコレステロール値などをしっかり管理することが大事です。塩分や動物性脂肪の摂りすぎに注意し、栄養の偏らない食事と適度な運動をして、肥満を解消しましょう。お酒やタバコは控えて下さい。十分な休養をとって、ストレスを蓄積しないようにしましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。