脳血管障害の症状

脳血管障害の症状の表れ方は、脳疾患の原因が脳血管障害、脳腫瘍、脳挫傷のどれであっても、障害を受けた脳の部分によって決まります。「意識障害」は、意識の統合を行っている脳幹部だけが障害された場合にも、脳全体が障害された場合にも起こります。意識障害の程度は、「朦朧状態」から「傾眠状態」、「昏睡状態」までさまざまあります。「片麻痺」は、一般によく耳にする「半身不随」という言葉の臨床的な呼び名です。脳が障害を受けると、延髄で神経が交差するため、左の脳の障害では「右片麻痺」、右の脳の障害では「左片麻痺」となります。なお、脊髄が障害を受けると両手あるいは両足が麻痺を起こすことになります。「言語障害」は、ろれつがまわらない「構音障害」と、言葉そのものが理解できない「失語症」に大きく分かれます。構音障害の場合はゆっくり話せば、言っていることはどうにかわかりますが、失語症の場合は、「あ〜」とか「う〜」とかいうだけなので、認知症の人と間違われることがあります。しかし、身振りや頷いてもらったりして、対話することは可能なので、注意深く観察する必要があります。



脳血管障害の症状は、脳のどの部位が障害を受けたかによって決まります。「意識障害」は、意識の統合の働きをしている脳幹部だけが障害を受けた場合や、脳全体が障害を受けた場合に起こります。意識障害の程度は、朦朧状態、傾眠状態、昏睡状態までさまざまな段階があります。「片麻痺」は一般によく言われる「半身不随」のことです。脳障害が起きると、延髄で神経が交差するので、左の脳障害では「右片麻痺」、右の脳障害では「左片麻痺」になります。脊髄が障害を受けた場合は、両手または両足が麻痺を起こします。「言語障害」には、ろれつがまわらない「構音障害」と、言葉そのものが理解できない「失語症」の二つがあります。構音障害の場合はゆっくり話すことで、どうにか意味はわかりますが、失語症では、「あ〜」とか「う〜」とかしか言えないため、認知症に間違われることがあります。失語症の場合は、身振りや頷いてもらうことで、意思の疎通は可能なので、注意深く観察しましょう。



脳血管障害の症状は、原因が脳血管障害、脳腫瘍、脳挫傷のいずれの場合も、障害を受けた脳の部位で決まってきます。「意識障害」は、脳幹部だけが障害された場合にも、脳全体に障害が及んだ場合のどちらでも起こります。意識障害の段階は、「朦朧状態」から「傾眠状態」、「昏睡状態」までさまざまな状態があります。「片麻痺」は、一般によく耳にする「半身不随」のことです。延髄で神経が交差するので、左の脳が障害を受けると「右片麻痺」、右の脳が障害を受けると「左片麻痺」になります。なお、脊髄が障害を受けた場合は、両方の手あるいは両足が麻痺を起こします。「言語障害」は、ろれつがまわらない「構音障害」と、発している言葉がよくわからない「失語症」に分かれます。構音障害の場合はゆっくり話せば、意味はどうにかわかりますが、失語症では、「あ〜」とか「う〜」とかいうだけなので、認知症と勘違いされることがありますので、注意深く観察する必要があります。



脳血管障害の症状は、障害を受けた脳の場所によって決まります。脳幹部や脳全体が障害された場合は「意識障害」が起こります。意識障害には、「朦朧状態」から「傾眠状態」、「昏睡状態」までさまざまな程度があります。「片麻痺」は、一般によくいう「半身不随」のことです。脳が障害を受けると、左の脳の場合は「右片麻痺」、右の脳の場合は「左片麻痺」となります。脊髄が障害を受けた場合は、両手あるいは両足が麻痺を起こすことになります。「言語障害」は、ろれつがまわらない「構音障害」と、言っている言葉そのものが理解できない「失語症」があります。構音障害の場合はゆっくり話せば、言っていることは何とかわかりますが、失語症の場合は、「あ〜」とか「う〜」とかいうだけのため、認知症の人と勘違いされることがあります。しかし、失語症は、身振りや頷いてもらったりすることで、対話することができるので、注意深く観察することが大事です。



脳のどの場所が障害を受けたかによって脳血管障害の症状は決まります。「意識障害」が起こるのは、脳幹部や脳全体が障害された場合です。意識障害の状態としては、「朦朧状態」から「傾眠状態」、「昏睡状態」までさまざまあります。「片麻痺」は、一般によくいう「半身不随」のことで、脳が障害を受けると、左の脳の場合は「右片麻痺」、右の脳の場合は「左片麻痺」が起こります。「言語障害」は、ろれつがまわらなくなる「構音障害」と、言っている言葉がよく理解できない「失語症」の二通りがあります。構音障害の場合はゆっくり話せば、言っている意味は何とか伝わりますが、失語症の場合は、「あ〜」とか「う〜」とかいうだけなので、認知症の人と誤解されることがあります。失語症の場合は、身振りや頷いたりすることで、対話ができるので、注意して観察することが大切です。
この記事へのコメント
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 19:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45307432

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。