脳血管障害の治療

脳血管障害の治療は、大きく分けると外科的治療と内科的治療になりますが、最近はその中間のカテーテルを用いた血管内治療も増えています。「外科的治療」は、脳出血のような出血性病変に対して、基本的には開頭・血腫除去術により、脳の中の血の固まりを取り去る治療を行います。もし脳血管障害の原因が脳動脈瘤の破裂であれば、動脈瘤をクリッピングして出血を止めるようにすることも必要です。「内科的治療」は、小さい脳出血やほとんどの脳梗塞の場合、薬物療法を主体とした内科的治療が行われます。「全身管理」は、脳血管障害を起こす危険因子といわれる、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病の治療や意識障害患者の呼吸管理の治療を行います。「リハビリテーション」は、最近では急性期から積極的にリハビリテーションを行うようになりました。しかし、多くの場合、さまざまな治療やリハビリテーションを行っても、神経の後遺症が完全に回復することはありません。



脳血管障害の治療は、外科的治療と内科的治療に大きく分けることができます。「外科的治療」は、脳出血のような出血性病変に対して開頭・血腫除去術により、脳の中の血腫を取り除く治療です。脳血管障害の原因が脳動脈瘤の破裂の場合は、動脈瘤をクリッピングして出血を止めることも必要です。「内科的治療」は、軽い脳出血や大部分の脳梗塞の場合、主に薬物による内科的治療が行われます。「全身管理」としては、脳血管障害の危険因子といわれる、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病の治療や意識障害患者の呼吸管理の治療が行われます。「リハビリテーション」は、最近では従来と異なり、急性期から積極的にリハビリテーションが行われるようになりました。しかし、多くの場合、各種の治療やリハビリテーションを行っても、完全に神経の後遺症が回復することはありません。



脳血管障害の治療は、大きく外科的治療と内科的治療に分けられます。しかし、最近はカテーテルを使った血管内治療も増えています。「外科的治療」は、脳出血のような出血性の病態に対して、基本的には開頭・血腫除去術を行う治療法です。もし脳動脈瘤の破裂が脳血管障害の原因がであれば、その動脈瘤をクリッピングして出血を止める治療が必要です。小さい脳出血やほとんどの脳梗塞の場合は薬物療法を主体とした「内科的治療」が行われます。「全身管理」では、脳血管障害の一因といわれる、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病の治療や意識障害患者の呼吸不全を予防する呼吸管理の治療を行います。「リハビリテーション」は、従来と違い最近では急性期から積極的にリハビリテーションを行うようになりました。しかしながら、大抵の場合、いろんな治療やリハビリテーションを行っても、神経の後遺症が完全に治ることはありません。



脳血管障害の治療としては、外科的治療と内科的治療に大きく分けられます。これ以外に、最近ではカテーテルを用いた血管内治療も増えてきています。「外科的治療」は、脳出血のような出血性の障害に対して、開頭・血腫除去術により、脳内の血腫を取り去る治療を行うものです。もし脳動脈瘤の破裂による脳血管障害であれば、動脈瘤をクリッピングして出血を止める治療も必要です。「内科的治療」は、軽い脳出血やほとんどの脳梗塞の場合、薬物療法による内科的治療が行われます。「全身管理」は、脳血管障害を起こす危険因子として注目されている、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病を治療したり、意識障害患者の呼吸不全や肺炎を予防するため、呼吸管理の治療を行います。「リハビリテーション」は、最近では集中治療として急性期から積極的にリハビリテーションを行うようになりました。けれど、ほとんどの場合、いろいろな治療法やリハビリテーションを行っても、完全に神経の後遺症が回復することは望めません。



脳血管障害の治療としては、外科的治療と内科的治療があります。このほか、最近はカテーテルによる血管内治療も増加しています。「外科的治療」は、脳出血のような出血性の病変に対して、開頭・血腫除去術行うものです。もし脳動脈瘤の破裂からの脳血管障害であれば、出血を止めるため、その動脈瘤をクリッピングする治療も必要です。「内科的治療」は、小さい脳出血や大部分の脳梗塞の場合、薬物療法による内科的治療が行われます。「全身管理」は、脳血管障害を起こす危険因子といわれる、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病を治療したり、意識障害患者の呼吸不全などを防ぐため、呼吸を管理する治療を行います。「リハビリテーション」は、最近では急性期から集中治療として積極的にリハビリテーションを行うようになりました。でも、ほとんどの場合、どんな治療法やリハビリテーションを行っても、完全に神経の後遺症が回復することはできないのが現状です。
この記事へのコメント
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 19:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。