再発防止

脳出血や脳梗塞などの脳血管障害を起こした人は、再発の防止に注意が必要です。脳血管障害は再発すると重症化しやすく、死亡率も高くなるため、退院後も定期的に医師の検診を受けて、血圧やコレステロール値などをコントロールしなければなりません。塩分や動物性脂肪を控えた栄養バランスのよい食事と適度な運動を行い、肥満の解消に努めてください。お酒やタバコは控えましょう。休養は十分にとって、ストレスをため込まないようにしましょう。



脳血管障害で脳出血や脳梗塞などを起こした人は、再発の防止に注意を払う必要があります。脳血管障害は再発すると重篤化しやすく、死亡の確率も高くなるので、退院した後も医師に定期に診てもらい、血圧やコレステロール値などを管理しなければなりません。塩分や動物性脂肪を抑えた栄養バランスの優れた食事を摂り、適度な運動により、肥満を解消しましょう。お酒やタバコは控えて下さい。休養は十分にとり、ストレスを抱えないようにしましょう。



脳血管障害により脳出血や脳梗塞などを発症した人は、再発を防止するために細心の注意が必要です。脳血管障害は再発すると重症になりやすく、死亡の危険性も高くなります。退院後も定期的に医師に診察してもらい、血圧やコレステロールなどの正常化に努めなければなりません。塩分や動物性脂肪を控えた栄養面を考えた食事と、適度な運動をして肥満を解消することが大切です。お酒やタバコは控えましょう。休養を十分にとって、ストレスをためないことも必要です。



脳出血や脳梗塞などの脳血管障害の病気をした人は、再発しないように十分な注意が必要となります。脳血管障害は再発した場合、重度化しやすく、死亡率も高くなるので、退院後も医師の定期的な検診を受けて、血圧やコレステロール値などを、きちんと管理することが大切です。栄養のバランスの優れた食事と適度な運動で、肥満を解消しましょう。お酒やタバコは控えて、十分休養をとり、ストレスをため込まないようにしてください。



脳出血や脳梗塞などの脳血管障害の疾病では、再発防止のための十分な注意が必要です。脳血管障害の場合、再発すると重度化しやすく、死亡率も高いので、退院後も定期的にきちんと医師の診察を受けて、血圧やコレステロール値などをしっかり管理することが大事です。塩分や動物性脂肪の摂りすぎに注意し、栄養の偏らない食事と適度な運動をして、肥満を解消しましょう。お酒やタバコは控えて下さい。十分な休養をとって、ストレスを蓄積しないようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45046272

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。